MENU

肝斑にはホワイトニングリフトケアジェルは?

肌のトラブルの一種に「肝斑」とよばれる症状があります。

 

30歳以降〜40歳代に多く見られます。

 

一般的な色素沈着と異なるところは、目じりの下、頬骨の出たあたりに左、右両方の頬の似たような場所にに現れます。

 

肝斑の主たる原因はホルモンバランスの乱れです。

 

妊娠した場合もホルモンのバランスが乱れるため、症状が出る場合があります。

 

通常のシミはレーザー治療で除去できますが、肝斑は体の中に原因があるもの。

 

レーザー治療では効果が期待できません、むしろ逆効果の場合も。

 

ではどうするのか。

 

中からの改善ということで美白効果も期待されている「トラネキサム酸」というものを服用します。

 

では、シミウスジェルは肝斑に効果があるのか・・・といいますと、誠に残念ながら、通常のシミと発生原因が異なるので、「シミウスで完治!」は難しいところです。

 

ただ、普段からシミウスで肌のターンオーバーを促し、良いコンディションを保つようにすることにより、肝斑の悪化をある程度、緩和できる一助になるとは言えます。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ